久々に生まれ故郷に帰ってみたところ、生まれ故郷はかなり寂れていて、ゴーストタウンみたいになっていた。

これは自分が生まれ育った街に限らず、全国の地方都市が若者が減少し、高齢化が進んで、商店街からは人が消えて、人々が買い物に行く先は都会かインターネットになってしまった為、昔ながらの商店街は客の減少によって、シャッターを閉めるお店が増え、商店街なのにシャッターが閉まっている「シャッター商店街」という現象が増加しているらしい。知り合いの地元の八百屋の息子さんは、昔家業を就き、八百屋の主人になりたいって言ってたけど、結局今はhttp://www.hatarako.net/kw/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%80%80%E8%A9%95%E5%88%A4/の派遣のサイトなどで仕事を探してるしね。

そんなところで、買い物に行ってもお店が閉まっているので、いろんなお店が揃っている大型店に人は流れるようになり、結果として商店街には人が来なくなるというものだ。

ところで自分が帰った生まれ故郷にもう一つの変化があった!!

それは自分の母校が無くなった事だ!(笑)

正確に言うと自分が卒業した学校と、近くにある女子高が合併して、全く新しい共学の高校になったらしい。

近いうちに別の高校と別の高校も合併するらしく、子供の減少で、学校の数が多すぎるので、どんどん合併が増えるという話だ。

各学校のクラスの子供たちが少ないよりは、合併して一クラスにそれなりな人数がいた方が、学校としてはいいんだろうけど、合併がどんどん進んで近所の学校が無くなった子供たちは、ちょっと離れた学校に通う事になる人も増えるはずなので、そういう意味では、あまり合併が進む事は良くないんだけど、人が少ない以上、そうしないと維持出来ないんだろうね。

自分の母校が無くなってしまうのはさみしい。

               
 

                


お盆が明けても仕事に身が入らず状態、こりゃ困ったと思っていたら、色々とお盆前に合った事を思いだしてきて、ちょっとテンパリ気味です。


中々、新卒も入ってこないので、気付けば俺がいつまで経っても若手と言われている現状、そろそろ、人を取らないのかと上司にそれとなく聞いてみたところ、一応、上は上でそろそろ人を入れなくてはと思ってはいるらしい。
しかし、色々と条件が付いており、若くて経験があって仕事ができて、性格が良くて、コミュニケーション能力の高い、安い人材って、そんなのいるかーーー!!


まずは、ネットのオムロンパーソネルの求人みたいなところに登録して、面接をしてみにゃしゃーないでしょうと思うのだが、費用がとか、時間がとか。
いい加減、一人当たりの仕事量多くなりすぎてますよ~っと。


最近は、求人自体を無料で出して、決まったら料金が発生みたいなシステムもあるらしいけど、当初から比べるとその料金が高くなているらしい。
あちらも商売ですから、そこら辺はしっかりした物です。


でも、やっぱり動かないとしょうがないと思うので、そこらは、上司に頑張ってもらいたい。
仕事でお客さんからいい評価を得たり、口コミでいい顧客を紹介してもらいたいけど、社内の体制がないとやっぱり躊躇してしまう。


俺らは一生懸命働くから環境を整えてくれ。 

            




モーレツに腹がったので、書いてみる。

来週からお盆って事で、休む前に色々と準備をせにゃならんと、仕事に集中しようと思っているとお袋から電話が来て、いつ帰ってくるとか、伯父さんに挨拶だとか、従兄弟のみっちゃんがどうとか、いやいや、そーいった話は、帰ってからでいいし、帰るのは、8月13日だって言ってるし、なんだろうね、あれは。


帰ってきたら嫁さんから、家にも電話があって、嫁さんも小一時間話を聞いたって言ってるけど、うちのお袋何がしたいのやら。


でも、嫁さんの話によると、どうやら一緒に住んでる兄貴の嫁さんとお袋の仲が悪いらしく、俺らが帰るから愚痴を言いたいらしいんだが、帰ってからゆっくりじゃダメなんかね。
ま~一緒に住んでるから居る前で言えないとは思うけど、いきなりギャンギャン言われてもね。
更に、オレはお袋の味方みたいな言われ方されたけど、オレは、どっちの味方でもないし。


兄貴に文句をいってやろうかと思ってる。


確かに、お袋も気が強いし、兄貴の嫁さんも気が強いからしゃーないけど、だんだん、帰省したくなくなってきたぞ。
嫁さんにこんな事いったら、もろ手を挙げて賛成されそうだから、いえないけど。


実家帰るのめんどくせーー!

             



              

どうも、最近、体がだるいと思ってたら、夏風邪らしい。


医者に行って薬を貰って、昨日は、一日寝て過ごした。
まだ、下っ腹に力が入らず、食欲もあまりないけど、嫁さんがおかゆを作ってくれてるので、それ食べてます。暑い暑いで、昼は蕎麦に冷やし中華、休みの日にかき氷と確かに、お腹冷やすものばっか食べてた。


嫁さんには、弁当にするかと言われてるけど、昼は付き合いで食べる事もあるし、折角作っても食べないと悪いからごめんしてる。
子供が夏休みで遊んで欲しそうだが、父ちゃんは辛いのでもうちょっと待って。


昔は、クーラーは贅沢と言って使わせてくれなったけど、熱中症とかあって今は、ガンガンクーラーの効いた部屋で休んでるけど、思い切ってクーラー消して、ジャンジャン水分とって汗流したら夏風邪って治らんもんかね。
頭古いから、風邪ひいたときは、思いっきり汗をかいてぐっすり寝れば治ると思いがちだけど、今はだめなんだよね。

嫁さんにちょっと言ったら、子供が変な事覚えるからやめろって言われた。

オレも一日寝て、ちょっとだるいけどもう飽きてるし、背中と尻が痛いし、もう年でそんな寝てられないし、あ~酒でも飲んで寝た方がいいのか?
でも、そんな事したらまた、怒られるからこれ書いて、飯食って、薬飲んで寝ますわ~

 

              

「とりあえずのビール」って日本人だけの習慣なのでか?


こないだ、取引先の人と雑談をしており、

「そろそろビアホールとかいいですよね!」
みたいな話になった時、その人が昔海外に出張した時、海外の人は、とりあえずビールみたいな習慣がなかったと言ってた。


確かに、海外の映画とか見ても、カッコよくスコッチとかウォッカみたいな酒をグイグイ飲んでる場面は思えだせるけど、とりあえずビール的な場面は見た事がない。


夏のこの時期だったら、ビアホールで心行くまでビールを飲む事はあるけど、普通、ビール飲んで、チューハイにいくか、ハイボールにいくか、冬なら焼酎のお湯割りとか、飲む酒が変わるのって普通だと思ってたけど、海外って違うみたい。


でも、個人的には、とりあえずビールって好きなんだよね。
だって、何にも考えずにとりあえずは、その場の雰囲気が作れるし、女子がいなければ、一番当たり障りがない。
ゆとり世代はちょっと違うけど、おっさんには、やっぱりとりあえずビールは必須ですよ。


海外では、結構イメージかもしれないけど、勝手なお酒のイメージがあり、フランスだとワイン、ドイツはビール、イギリスはウィスキー、ロシアはウォッカ。
日本は、海外からみたら日本酒かもしれないけど、圧倒的にビールじゃないのかな。

暑気払いで、今度また飲みに行きます。